「結婚をしたいなら、男の胃袋をつかむべし」と格言のように言われていて、聞いたことのある人もいるとは思います。そし・・

「結婚を考えるなら、男の胃袋を掴んだほうが良い」と古くから言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思いますが…

「結婚願望があるなら、男性の胃袋をつかめ」と耳にした人もいるとは思いますが、決して間違いではありません。というのは、結婚となると普通で考えれば、ともに同じ屋根の下に暮らすことになります。そうなると、もちろん、ともに食事をしていくので、料理するのが好きで家事を面倒だと思っていない女性が魅力的に映るからです。ですが、「どんな料理が得意ですか?」と尋ねられたとき、パスタやカレーライスと答えるのは絶対にやめましょう。大抵の男性は、パスタではお腹がいっぱいになりません。それに、カレーは答えがありきたりで、ルウも手作り、ぐらいでないと得意な料理ですとアピールされても男性受けはあまり良くありません。「どういった料理が得意ですか?」と相手に尋ねられたときに、おすすめするメニューは「親子丼」です。気取ったイメージはありませんし、非常に家庭的な温かい雰囲気がありながら、盛り付けが意外に難しい料理でもあります。そのため、日頃から料理をしているんだな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあるのです。実際に作成練習をしてみてください。

結婚活動をしていくとき、どんな女性を選ぶのかの基準は・・

結婚活動をしていくとき、どんな相手を選ぶのかの判断基準は、性格がいいとか、家族サービスに熱心な人とか、責任感がある人とか、健康意識が高い人、などの理由を述べる人が多いが、そういった判断基準の中で、何に重きを置くかは当然その人によって異なります。私はというと、結婚は夫婦生活もとても大切なことであると考えているので、例としては、これまでにどのくらい異性との経験があるのかや、性欲の強さや関心度もそれとなくチェックしています。一緒に生活していくワケですから、体の相性や、それぞれのタイプについてもお互いが知っておくのは大事なことだと思っています。その点が不足していると、遅かれ早かれ結婚生活に亀裂が生じてくるでしょう。この手の問題は、最悪、離婚に至る原因にもなりかねない重要な要素でもあるので抵抗があるかもしれませんが、「性」を婚活時の判断材料としておきましょう。