「結婚をしたいなら、男性の胃袋をつかむべし」と昔から言われているわけです…

「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」と昔から言われていて、聞いたことのある人もいるとは思いますが・・

  • 「結婚をしたいなら、男の胃袋をつかむべし」というのは定説ですが、決して間違いではありません。なぜなら、結婚をした場合、普通で考えれば、ともに同じ屋根の下に暮らすわけですが、そうなれば、言うまでもなく、まいにち一緒に食事することになるので、やはり料理するのが好きで家事をしっかりしてくれる女性が必要とされているからです。しかし、「あなたはどういった料理が得意ですか?」と尋ねられた際、カレーライスやパスタと答えるのは控えたほうが良いです。男性はパスタでは満足感を得られません。そしてまた、カレーについては市販のルウがあったらいいので、ルウも手作り、ぐらいでないと得意な料理ですと言われても男性はガッカリするでしょう。「どういった料理が得意ですか?」と男性に聞かれた場合、お勧めしたい答えは「親子丼」です。気取った料理でもないですし、非常に家庭的でもありながら、盛り付けるのが難しいメニューでもあります。そのため、料理上手、と思ってもらうことができますし男性からの評価も良いので、実際に美味しく作れるように練習して、婚活に備えてみましょう。
  • 結婚活動(婚活)時、女性を選ぶ判断基準ですが、落ち着いた性格・・

  • 婚活をしていくとき、相手を選ぶ基準ですが、性格がいいとか、率先して家族サービスをやってくれ人とか、結婚後も働いてくれるとか、健康的な人、といったものがありますが、その中で、何が一番大切なのかはもちろんその人によりけりです。私の場合はというと、結婚というのは夜の生活もとても大事なことだと考えているので、具体例として、それまでにどれくらいの経験数があるのか、エロさや好きさも見ることが多かったです。一緒に生活していくのなら、体の相性や好みについては、お互いが理解しあうのは大切なことだと思っています。そういった点が不足していると、亀裂が入るきっかけにもなり得ます。性の問題は、最悪、離婚となる危険もあるとても肝心な要素でもあるので恥ずかしいかもしれませんが、結婚前に確かめてみてください。