以前、地元が開催していた婚活パーティーに参加したことがありますが、そのとき…

少し前に、私は地方密着型の婚活を目的としたパーティー・・

前に、私は、地元が発起人となっている婚活パーティーに参加したのですが、そのときは自分でも満足のいく、良い結果を残すことができました。その婚活(結婚活動)関連のイベントでは特定の職種に限られておらずいろんな仕事の人が集まっていたのですが、普段、接点のないような相手とも話ができたし楽しかったです。色々な話をしたのですが、異性とかなり盛り上がったのは恋愛や結婚観について話した時でした。私の持っている恋愛に対する価値観や結婚観についてだいぶ真面目に話したのですが、そのため、真面目なタイプとして映っていたようです。真面目な女性に見えたことが良かったのか、男性から評価がかなり高かったのです。婚活系(結婚活動)のイベントでは自分の誠実さをアピールしていくのが良い結果につながるのだと感じました。

近年の婚活事情では、年収300万クラスの男性の場合は、…

この頃の婚活では、男性の年収が300万円クラスの場合だと、やはり資格を持っている女性や結婚後もバリバリ働ける女性はいいなあと思います。年収が500万円前後の場合だと、パートする程度でも、「私も家計をサポートする」といった意志を強調しておくべきです。さらに上、つまり700万円超えの場合なら、完全に専業主婦に身を置き、子育てに向き合うを真剣に取り組むことを訴えると成功しやすいです。こういった対策をしていくと相手としては自分の将来に安心感を覚え、パートナーとして選ばれやすいのです。結果的に無理なく婚活を進めていけるでしょう。