何回か出席したことのある婚活でするパーティーの場…

数回参加したことのある婚活を目的にしたパーティー…

何度か行ったことのある婚活を目的に開催されるパーティーで、高校生の頃に一緒だったクラスメイト(男性)とばったり遭遇してしまった失敗談があります。私が婚活していることは、周りにバレるのが嫌で、内緒に活動していたのにも関わらず、婚活の場で、なんとなく見覚えのある人が。学生時代のクラスメイトとばったり会ってしまうなんて!パーティーが始まってしばらくは、どこかで見た、ぐらいの認識だったのですが、一対一で話した時に名前を見て、はっきり思い出しました。初対面ではないことに相手も気付いていて、気まずそうでした。しかし、誰にも知られたくなかった婚活がバレてしまい、私はその相手以上に、恥ずかしく感じました。

結婚活動(婚活)をやっていき、結婚について理想や想いなどを改めて認識する人もいるのではないでしょうか。

婚活をやっていき、結婚そのものに対しての理想や想いなどを再認識する人も多いでしょう。また、結婚できるかどうかのカギとして結婚に対して意気込みがどれだけあるのか?と結婚紹介所の担当アドバイザーから訊かれることがあると思います。男性も女性もその時の理想として、「明るく楽しい家庭」「この先ずっと、大事に思ってくれる相手と添い遂げたい」と、返答するかもしれません。長い人生として捉えた場合、一生、共に暮らしていくのにどれだけ適しているのか、空気みたいな存在になれるかが大事と言われていますが、ですが、現実はそうではないようです。無事に結婚して結婚を後悔している、失敗した、という人たちに、その原因を尋ねてみたら、「旦那または嫁に対し飽きてしまったから」という回答がもっとも多いのです。