前に、私は地元が開催していた結婚活動を目的に行われたイベン…

前に、私は地元が主催している婚活系のパーティーに出席したことがありますが、そのとき…

  • 少し前に、地方密着型の婚活系のイベントに出席しました。そのときは自分でも満足のいく、良い結果を残せました。その婚活を目的に行われたイベントでは一つの業種に限らず色々な業種の人たちが集まっていたのですが、普段、接点のないような男性とも話ができたし非常に貴重な体験ができました。様々な話しをしたのですが、男性と距離が近くなったのは恋愛について話しをした時でした。私の恋愛に対する価値観や結婚観についてだいぶ真剣に話したのですが、そのせいか、私はかなり真面目なタイプとして捉えられていたようです。それが良かったのか、男性から印象がとても良かったのです。結婚活動のイベントでは自分の誠実な部分をアピールすると良い結果につながるのだと感じました。
  • 昨今の婚活の市場では、年収300万ぐらいの男性の場合は…

  • この頃の婚活事情では、年収300万クラスの男性の場合だと、どうしても資格を持っている女性が魅力に見えます。それが、500万円クラスになると、アルバイトレベルでも「私も家計を支えます」と専業主婦にはならない気持ちを強調しておいた方が無難です。それ以上、つまり年収が700万円以上の場合になると、完全に専業主婦に専念し、子育て、家事などに集中することをアピールするのが正攻法です。こういった形で相手のニーズを掴むと、男性は将来に安心感を感じ、パートナーとしての信頼を勝ち得やすいのです。結果的に有利にコントロールできるようになります。