効率よく結婚活動を進めていくため、実に様々な手法で色々な方と会う機会・・

段取りよく結婚活動を進めるためには、実に様々な手段で…

段取りよく婚活を進めるためには、様々なやり方で様々な方と会う機会を多くしている人も数多くいらっしゃると思います。私においても結婚相談所に登録しお見合いにほぼ毎週のように参加しつつ、結婚活動でやっているパーティーにも再々通っていました。そのような時、最低のバッティングが生じたのです。お見合いの際に断れた相手に結婚活動でやっているパーティーでまた出会ってしまったのです。断られた私の方も気まずかったのは確かなのですが、私を断った人の方がそれ以上に気まずそうで動揺していました。その人は「お見合いの直後の頃が仕事が多忙のピークで、やっと今落ち着いて、時間ができたからこのような場所に来たんだよね」という言い訳をしていたのですが。それを聞いて、気分が悪かったというよりも、ちょっと笑ってしまいました。このような事態を避ける手段というのはないのですが、こんなことが起こる可能性もある、という風に考えておいたら動揺せずに済むと思います。

婚活中の女性が、知り合ってすぐの男性にしてはいけな・・

出会ってすぐ男性に触れてはいけない、しないほうがいい話題というものが存在します。つい質問しがちですが、それは主に、給料・勤務先・乗っている車の3つです。この質問をすることがいけない理由は、相手が結婚相手として最適な人か知りたい、と思う気持ちは理解できますが、初対面でいきなりこの手の質問をしても、ダメです。もし、結婚してちゃんと生活するには経済力も必要です。ですから、経済力が気になるなら年収の条件があったり、または、職業限定の婚活でするパーティー・サイトなどを最初から使用されるのが良いでしょう。そんな風に参加者がはじめから限定されていれば、上記の男性に引かれてしまう質問をすることなく、おおよその経済力を判断できます。婚活での成功率を高めたいなら、自分から「お金」に関する質問はできるだけしないようにしてください。