婚活が目的のパーティーに初めて参加した際、大失敗をしでかしました。

初めて結婚活動でするパーティーに出席した時、見事に失敗しました。

  • 婚活でするパーティーに初めて行った際、大きなミスをしてしまいました。その頃は、婚活をはじめてから日が浅い初心者だったので、婚活目的のパーティーの雰囲気などもわからないまま、一緒に婚活パーティーに行くと約束した友達とも当日のファッションの打ち合わせをすることなく何も考えずに出席したのでした。会場に到着して周りを見てみると、会場内にいる女性はみんな、ワンピースやスカート、パンツでも女性らしい上品な雰囲気をまとっています。その点、私の格好はというとカズレーザーさんのような真っ赤なトップスに真っ赤なパンツといったいで立ちでした。アウターには黒いライダーズジャケット、靴は黒いロングブーツと、周囲からかなりはみ出していました。当然ながら、会場では別世界にいるような感じで、誰かに声をかけてもらうことも全くなく、イスにポツンと座り、何もできないままパーティーは終了しました。今でも、思い出すと赤面するぐらい恥ずかしくなりますし、人生でこんな恥ずかしい思いは2度としたくありません。この失敗を生かし、結婚活動でするパーティーに出席するときは、ファッションを友達とチェックしあうようになりました。
  • 「いつかは、結婚してみたいけど、今結婚活動をはじめるのはちょっと早すぎ…

  • 「子供も持ちたいし、結婚はしたいけれど、まだ婚活をするのは早すぎる」なんて思っているのなら、その認識は正しくありません。また、あなたが女性ならば、20代の時点で婚活を視野にいれましょう。やはり20代の女性と30代を比べた場合、需要がかなりの差になって現れます。現実的に見て、若い方が婚活には有利となり、理想に近い男性とめぐりあう確率も非常に高いのです。また、婚活は自分が思っている以上に理想の男性に出会って、結婚するまでの時間が掛かります。結婚活動を始めてから数年のあいだ、良い人に出会えないというような女性は無数にいます。そういった理由から、後悔しないためにも、早めに婚活を検討しておくのがお勧めです。