定期的に参加する婚活目的のイベントで、かつての知り合い(男性…

気が向いた時に参加している婚活でやっているパーティーの場で…

何回か参加したことのある婚活を目的に開催されるイベントで、高校生の頃に一緒だったクラスメイトに出くわした失敗談があります。婚活していることを仲の良い友達にも知らせることなく、ひとりで進めていたにも関わらず、婚活パーティー会場で、なんとなく見覚えのある顔が。このタイミングで学生時代の知り合いと再会するなんて!イベントが始まってすぐは、誰だか思い出せなかったのですが、話をする時に、ネームプレートに目をやって、そこでようやく思い出したのです。お互いに初対面でないことに相手も気付いていて、相当気まずい顔をしていました。しかし、秘密にしてきた婚活している事実を知られてしまい、その後の記憶が飛ぶくらいに恥ずかしく感じました。

結婚活動(婚活)で結婚について理想や想いなどを改めて認識する人も多いでしょう。

婚活(結婚活動)をやっていき、結婚というものについての理想や想いなどを再認識する方も多いのではないでしょうか。そして、成婚できるかどうかのカギとして情熱がどれだけあるのか?と結婚相談所の担当者などに尋ねられることがあると思います。そのとき、男女ともに、その時点での自分の理想として、「幸せな家庭をつくりたい」とか、「生涯、大切に思ってくれる相手と長い人生を歩みたい」とか、言うかもしれません。長い人生として見ていったとき、一生、共に生活するのにどれぐらい適しているのか、「空気のような存在になれるか」と言ったりもします。ですが、実際はそうとは限りません。実際はようやく結婚したのに結婚生活に大きな不満を感じている、その原因を聞いてみると、「夫、妻に対して興味が失せてしまったから」といったような旨の回答がもっとも多いのが現実です。