私がしばらく婚活を続けてみて感じる事があります。それ・・

私が結構長く婚活をやってきてハッキリ理解できたのは…

私がしばらく婚活をやっていて間違いないと感じる事があります。それが何かというと、看護師と保育士といった職業は、男性受けが良いですが、医療関係者や介護職員のような業種は異性からの受けが悪いし、あまりモテない、ということです。派手な感じの女性はどういうわけか敬遠されやすく、地味で暗い女のほうが有利。地味で暗い女性のほうがモテる。更に、目に留まる美人より、ものすごいブスより、いい感じのブスな人に人気が集中する、ということです。結婚活動目的のイベントに限らず合コンなどでも、上記のようなルールがあるようにかんじます。「この人は、なんだか暗いし、地味すぎるなぁ」と見てて思うのに、「職業は看護師をしています」と一言言えば、男性からの人気を勝ち得てしまうのですから、本当に謎です。男性はどうしてそんなに気持ちが揺らぐのでしょう?ちょっと前に合コンに参加した際、気の合う男性と出会えたと思った直後、その男性を遅れてきた看護師の人にその男性を奪われてしまいました。ほんとに悔しいです。

結婚相手を探すために、結婚相談所などを利用して婚活を始めたもの…

良い生涯の伴侶を探すため、結婚相談所に会員登録をして婚活を始めると、たまに門前払い的な対応を取られることがあります。つまりあなたのプロフィール欄をチェックしただけでお断りされたり、相手の選択肢から外されてしまうことです。また、門前払いとまでいかなくともプロフィールで選考対象となって、お見合いをしたあとに断られる展開もあります。ですが、少々のことでめげないようにしましょう。モチベーションを維持する方法はいろいろありますが、あなたの年齢に関係なく、「何がなんでも子供を残す」という大義名分があると、いつかは良い相手にも巡り会える、絶対に結婚できる、と前向きな気持ちになれます。因みに私が、失敗してもくじけずにやってこれたのは、結局のところ身体の関係を持ちたいと思う性欲が婚活でのがんばりに繋がりました。そんなわけで、あなた自身も結婚活動のモチベーションとなるものを意識しながら婚活できるように考えてみてはいかがでしょうか。