私が長く婚活を続けてきてわかった事があります。それは・・

私が結構長い間、結婚活動をやってきて間違いないと感じる事があります。それが何かというと・・

私が結構長い間、結婚活動をしていて間違いないと感じるのは、看護師や保育士のような仕事は、男性から人気が高いですが、医療関係者、介護職員は男性からの受けが良くないし、あまりモテない、ということです。派手な雰囲気をもつ女性は敬遠され、地味で暗い女がモテる。地味なほうが有利。更に、めちゃくちゃ美人より、かなりブスな人よりも、絶妙なバランスのブスな人に人気が集中する、ということです。結婚活動目的で行われるイベントに限らず合コンといった場所でも、上記のような共通項があります。「この人って、なんか暗いし垢抜けないなぁ」って思ってても「職業は看護師です」と一言発言するだけで、男性からの人気を総なめにできるから、本当に謎です。男性はどうしてそんなに気持ちが揺らぐのでしょう?ちょっと前に合コンに行った際、私が狙っていた男性を遅刻してきた女性(看護師)にカンタンに奪われてしまいました。非常に悔しく思います。

婚活として生涯の伴侶を見つけるため、結婚相談所などに登録して婚活を始めると…

良い結婚相手を見つけるため、結婚紹介所などに登録して婚活を始めると、ときに門前払いのようなケース、この場合の門前払いとは、あなた自身の自己紹介欄を目を通しただけでお断りされたり、選択肢から除外されることです。さらに、門前払いとまでいかなくともプロフィールで気に入ってもらって、お見合いをしたとしても断られることがあります。でも、とにかく、くじけずに立ち直った人が最終的には勝ちます!精神的な強さを維持するコツは、その人によって一概には言えませんが、若いとか若くないに関係なく、子供を残すためには相手が必要という大義があるとやがて、良い相手にも巡り会える、絶対に結婚できる、と前向きになれます。因みに私の場合、失敗してもくじけずにやってこれたのは、一緒に寝たいと思うスケベ根性が婚活での気力を支えるキッカケとなりました。どんな理由でもあなた自身も婚活の途中で挫折しないように、突き進んでいける原動力となるものを意識して結婚活動していくように考えてみてください。