私は地方密着型の婚活(結婚活動)のイベントに出席し・・

私は、地元が発起人となっている婚活(結婚活動)イベン…

  • 以前、私は地元が主催している婚活を目的としたパーティーに出席したことがあります。そのときは自分でも満足のいく、良い結果を残すことができました。その婚活(結婚活動)のイベントでは特定の業種に限らず様々な仕事の人が集まっていたのですが、普段、接点のないような方とも話ができたし非常に楽しめました。色んな話をしましたが、異性との距離を縮めてくれたのは恋愛について話した時でした。私の持っている恋愛に対する価値観や結婚観についてかなり真面目に話したのですが、その影響もあってか、私はかなり真面目な人として映っていたようです。真面目な女性に見えたことが良かったのか、異性からの印象が良かった記憶があります。結婚活動(婚活)を目的に行われたイベントでは自分の誠実さをアピールするのが良い結果になると確信しています。

    この頃の婚活状況を見ると、男性の年収が300万円程度の場合だ・・

  • 近年の婚活で相手を探しているのなら、年収300万前後の男性だった場合は、経済的に考えると、資格のある女性・結婚後もバリバリ働ける女性が有利となります。相手の年収が500万円前後の場合になると、アルバイト勤務でも「私も家計をサポートする」と、完全には専業主婦にはならないという気持ちを表明しておきましょう。それ以上、つまり年収が700万円クラスの場合になると、完全に家庭に入って、子育てや家事全般にがんばるつもりであることをアピールするのが良いです。このように、相手男性のニーズに合致した態度を示しておくと、相手は自分の将来に安心感を覚え、パートナーとしての信頼を勝ち得やすいのです。効率的に無理なく婚活をコントロールできるはずです。