結婚活動していたとき、私の友達が良さそうな相手を紹介してく…

結婚活動してた際は、知人が率先して良さそうな人を紹介してくれたりす…

結婚活動をし始めた際、知り合いが良さそうな人を紹介してもらったりすることがたくさんあり、色々と世話をしてもらっていました。紹介してくれる相手のことは、前もって、どういった感じの人が教えてもらえるので心配もなく(自分の知っている人の知り合いでもあるので)二人きりで会うことが多かったわけですが、そういった場合、お酒がある場でもあるし、お互いに充分大人ですから、それとなく話を合わせたりするのが当然だと思うんですよ。ですが、食事することなった男性のひとりがまともな人とはいえない態度だったのです。初めから最後まで帽子を脱がず、会話しようとしても目も合わそうともせず、驚くほど無愛想な態度だったのです。紹介とは言え、納得して来ているわけですからそれはないんじゃないでしょうか。そんな露骨に無愛想な態度をとられると、よっぽど私のことが嫌なんだと普通はそう思うと思うんです。なのに、帰ろうということも言わないんです。そうなると私の方でも、困ってしまい思い切ってその理由を尋ねたら、「人見知りだから、話すのが苦手で」とのこと。それを知って本当に呆れ果てました。色々と手配して席を設けてくれた友達夫婦になんだか申し訳ないと思い、彼と別れた後事情を話し、謝ることにしました。ていうか、私が悪かったのでしょうか?

私自身が結婚活動をこれからやっていこう!と考えたと…

私自身がいざ、結婚活動をしよう、と決意した時、婚活の意味だけは知っているものの、何からやっていくべきかは、何一つ、わかりませんでした。パートナーを見つけ、結婚するための活動全般のことをひっくるめて婚活と言います。思いついたのは、結婚相談所でしたが、すぐに結婚相談所に登録するのは、かなりのお金がかかります。それに加えて、どうしても一歩踏み出す勇気はありませんでした。それから、友達に聞いたり、ネット検索してみて、婚活でするパーティーや、マッチングサイトを選び、婚活をスタートすることができました。私のように、最初は何をしたら良いのかわからない人や相談できる相手がいない人は、いつまでも行動できない可能性が高いかもしれません。ですから、国や地域で婚活を応援する制度を設けてくれると良いのに、と感じています。