結婚活動をし始めたころは、私の仲の良い友達が率先し・・

結婚活動を始めたとき、友人が異性を紹介してくれることがたくさんあり、サポートをしてくれていました。

  • 結婚活動中、私の友人が異性を紹介してもらったりすることがたくさんあり、色々と世話をしてもらっていました。紹介してもらう相手は、前もって、どんなタイプの人が教えてくれるのでとくに心配に感じることもなく二人きりで会うことがほとんどだったわけですが、そのような場所では、食事の席、当然お酒を飲む機会もありますし、お互いに大人であることもあり、話を合わせたりするのが普通だと思うんですよ。なのにです!食事することなった男性のひとりが常識ある人とはいえない態度だったんです。終始、帽子は取らない、目も合わせようともしないで、無愛想な態度をとられました。一応、紹介という形で来ているわけですから余りにもひどいと思いました。そんな態度をとられると、私が気に入らなかったのかと普通だったら思うと思うんです。でも、帰ろうということも言わないんです。そうなると私の方でも、困ってしまいその理由を尋ねたら、「人見知りだから」ですって。(・・・)いい大人が何を言ってるんだと呆れました。いろんなことを手配して一席設けてくれた友人になんだか申し訳なくて彼と別れた直後事情を話し、謝りました。私に非があるとは思えないけど。

    いざ、婚活をしよう!と真面目に思ったとき、婚活という言葉の意味だけは知っていたもの…

  • 私自身が結婚活動(婚活)をこれからやっていこう!と真面目に考えたとき、婚活の意味だけは知っていたものの具体的に何をするべきかは、わかっていなかったのです。パートナーを見つけ、結婚に至るまでの活動全般を婚活と言うのですが、私が思いついたのは、結婚相談所でしたが、いきなり結婚相談所での会員になるのは、けっこうなお金が必要になりますし、どうしても一歩踏み出す勇気はありませんでした。その後、友達に尋ねたり、ネット検索してみて、無事に、婚活パーティー、婚活アプリの利用を始めて、婚活をスタートすることができました。何をしていいのかサッパリわからない人や相談できる相手がいないと、多いと思います。ですので、行政で婚活を支援する制度があれば良いのに!とついつい思ってしまいます。