結婚活動目的のパーティーに初めて参加した際、見事に失敗しました。

結婚活動で行われるパーティーに初めて参加した時、見事に失敗しました。

私が初めて結婚活動で開催されるパーティーに参加した時、見事に失敗しました。その頃は、婚活を始めたばかりの初心者だったので、結婚活動目的で開催されるパーティーの雰囲気などもわからないまま、一緒にパーティーに出席する友達とも当日の洋服の打ち合わせをすることなく何も考えずに出席したのでした。パーティー会場に入って周囲を見回すと、会場内にいる女性は全員、スカートやワンピース、パンツスタイルでも女性らしい雰囲気でした。その点、私はというとカズレーザーみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツでした。そして、上着には黒のライダースジャケット、靴は黒いブーツとハロウィンみたいな出で立ちです。予想するまでもなく、そんな私は会場で浮きまくり誰ともまともに話をするチャンスすらないまま、イスにポツンと座り、何もしないままパーティーを終えました。いまだに、思い出すと恥ずかしいですし正直、人生でこんなにはずかしい経験はほとんどしたことがないです。この失敗以降は、婚活が目的で行われるパーティーに出席する際は、服装の打ち合わせを友人とするようにしています。

「子供も持ちたいし、結婚はするつもりではいるけど、まだ婚活をするには早いかな…

「結婚はしたいけれど、今はまだ結婚活動するのはちょっと早いかも」なんて考えているのなら、その認識は正しくありません。また、女性の場合は、可能であれば、20代から婚活を意識しておくのが無難です。世の中は20代と30代とを比べた場合、正直なところ、需要がかなりの差になって現れます。当然ながら、20代の女性の方が圧倒的に有利で、理想の相手をゲット出来る確率も高くなるのは間違いありません。それに加えて、婚活は自分が思っている以上にパートナーを見つけて結婚するまでに時間がかかるものです。結婚活動を数年繰り返していても、自分の理想とする相手に出会えないなんていう女性は多く、あなたも他人事ではありません。ですので、未来の自分が後悔しないためにも、早め早めの結婚活動が大切になるのです。